【加齢対策】寝る前のちょっとした習慣で、独特の口臭が改善します

AGAガイドブック

こんにちは、CenCenです。

このブログでは、加齢対策として「薄毛」や「体毛が濃くなる」といった老化と戦う方法を紹介しています。

今日は毛の話題から離れて、一般的な加齢対策である「口臭対策」をご紹介します。

口臭は職場での人間関係に悪影響

「中年オジサンは臭い」という話題は女子会のよくある話題です。

男性はなかなか理解しづらいのですが、自分の経験を思い出してみてください。例えば…会社や職場で、

  • 会議中、口臭い上司にイラッとした
  • 打ち合わせ中、取引相手の口からドブみたいな匂いがし、集中できなかった

こんな経験は、ありませんか?

僕は幸いなことにマスクをしていることが多く、あまり相手の口臭を気にすることはないのですが、普通の職場ではマスクをずっとしているわけにはいきませんよね。

となると、相手を気遣うエチケットとして、「口臭対策」はするべきでしょう。

現実的でない口臭対策が推奨されている現実

ちまたにあふれる「口臭対策」アドバイスといえば、

  • 「タバコやコーヒーといった口臭の原因となる嗜好品を減らしましょう」
  • 「にんにくや焼き肉といった匂いのきつい食べ物を控えましょう」

「簡単にやめられ無いから困っているんだよ!」というのが本音ではないでしょうか。

中には医学的に有効と思われる口臭対策もあるため、取り組める対策から頑張っていきましょう。(口臭対策に関する医学論文 – 外部サイト(英文)

すぐできる習慣で簡単に口臭対策

いろいろな対策がありますが、医学的な根拠もあり、すぐにできる対策をご紹介しますね!

色んな種類の口臭対策があるのですが、まずはこの3つの習慣を寝る前にかならず毎日行ってください。

歯の間から漂う、ドブ川みたいな匂いは少なくとも減ります。

就寝前3つの習慣

  1. 歯磨き
  2. デンタルフロス
  3. マウスウォッシュ

やってますか?デンタルフロス

歯磨きは習慣化されているのは当然として、2番目のデンタルフロスやってますか?

意外とやっていない人が多いのではないでしょうか。

歯周病も防げて、口臭対策にもなる、コスパの良いのが、デンタルフロスです。

おすすめのデンタルフロスについて

フロスの種類:糸タイプとようじタイプ

デンタルフロスは、ようじタイプと糸タイプのデンタルフロスがあります。

糸タイプ
ようじタイプ

デンタルフロスは糸タイプを使うべし

結論からお伝えすると、糸タイプがおすすめです。糸タイプのメリットとして、

  • きめ細かく歯間をクリーニングしやすい
  • 虫歯の治療後でも使いやすい

があり、糸タイプのフロスをおすすめします!

薬局なら何処でもありますので、適当に買ってください。どこでも売ってます。

(僕は、GUMの歯間クリーナーシリーズを毎日使っています)

糸タイプのデメリット=難しい

ただ、糸タイプにもデメリットがありまして、「慣れるまでは、使い方が難しい」という点です。

なので、動画で使い方を紹介しますね!

糸型フロスの使い方を解説

これは別メーカーさんの動画ですが、糸ようじの使いやすい動画をYouTubeで見つけましたので、確認してみてください。

ポイントは、

  • 一度汚い歯間に通した糸はそのまま、別の歯間にもっていかない

汚れが伝染していまいますから!

おすすめのデンタルフロス

メールでブログを購読する

当ブログは、無料でメルマガを発行しています。


(よくある質問: メルマガに登録できない

シェアする

フォローする