「ダイエット」と「薄毛」の深刻な関係。

AGAガイドブック

みなさん、ダイエットをしたことがありますか。夏になると多くの人がダイエットに挑戦します。

夏から秋にかけてよく起こるのが、過度な「ダイエット」による「薄毛」の問題です。かっこよくなりたい、美しくなりたい、という思いが逆に薄毛を引き起こすこともあるのです。

過激なダイエットは薄毛を引き起こす

発毛に必要な栄養成分は、たんぱく質やビタミンなどです。また適切な量の脂肪も必要です。

過激な「ダイエット」をすることで必要な栄養素が不足し、ヘアサイクルに不調が起こり、抜け毛や薄毛を引き起こします。

髪の毛はたんぱく質からできています。原料となるたんぱく質を摂取しなくなると、髪の毛は生えてきません。

栄養失調により薄毛になる

ダイエットの本質は、「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を継続により、体重が減少することです。つまり、栄養失調状態を作ることで、体重が減少することです。

必要な栄養は心臓などの生きるのに必要な臓器に回され、筋肉や髪の毛への栄養補給は二の次になります。よって、ダイエットにより、薄毛は引き起こされるのです。

ダイエットはしてはいけない?

ではダイエットをしてはいけないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。「かっこいい引き締まった体がほしい」という素晴らしい目標は継続するべきです。

正しいダイエットのコツは「食事」と「減量スピード」

最優先はたんぱく質をとること

たんぱく質を十分量摂取し、脂質を控えめにするように心がけましょう。脂質が少なすぎても頭皮が乾燥してしまうので、魚油や大豆などの良質な油を中心に摂取するように心がけます。

たんぱく質は、体重の1.5倍のグラム数を摂るようにします。

ダイエットするときは減量スピードに注意

与沢翼は1ヶ月で10kg近く体重を落としたことで話題になりましたが、良いダイエットとは言えません。私の尊敬するフィジーカーの久野さんが言っているように、体重の4% 以上を1ヶ月で落としてはいけないのです。

難しいですよね。

なので、夏を迎える前に痩せるのではなく、年中ある程度体重をコントロールしながら良いスタイルを保つようにしましょう。

メールでブログを購読する

当ブログは、無料でメルマガを発行しています。


(よくある質問: メルマガに登録できない

シェアする

フォローする