ヘッドホンではげる?薄毛との関係を発毛専門医が解説

AGAガイドブック

こんにちは、発毛専門医です。

ネットでは「ヘッドホンが頭部の皮膚を圧迫してハゲになる」ということが言われているようです。

本当なのでしょうか?その理由は?

このブログでは、薄毛に関する話題について、医師の目線から解説していきます。

ヘッドホンによる脱毛は機械的な脱毛?

昨日、Amazonのブラックフライデーでゲーム用のヘッドホンを買いました。ヘッドホンを友人に自慢したところ、「ヘッドホンって薄毛になるのでは?」と質問されたんです。

ヘッドホンは相談されたことはないのですが、帽子やヘルメットが薄毛になるのか、という相談はたまに受けます。

ネットを調べてみると、

ヘッドホンによる脱毛は「機械的脱毛」といわれ、物理的に頭皮にダメージを与えることで起こる脱毛

と書かれているではありませんか!

先に結論をお伝えしますと、「ヘッドホンでの薄毛はそこまで心配しなくて良い」です。安心してください。

実は、脱毛の教科書や論文には、機械的脱毛という病気の概念はありません。

髪の毛を引っ張ることによる脱毛

似たような病気に、牽引性(けんいんせい)脱毛という病気があります。どちらかというと女性に多い病気です。

知識として知っておいてもいいかと思いますので、解説しますね。

牽引性脱毛の原因はヘアスタイルがほとんど

女性はヘアスタイルにとても気を使います。

ところが、それが逆目となって、ヘアスタイルが原因の薄毛を引き起こすのです。怖いですね。

よくある脱毛を引き起こす髪型が、

  • ポニーテール(頭頂部のダメージ)
  • オールバック(生え際のダメージ)
  • 編み込み(頭頂部のダメージ)
  • お団子(側頭部のダメージ)
  • 分け目が毎日同じ(分け目の部分のダメージ)

です。

ほかにも、毎朝のブラッシングが強いせいで、髪の毛が引っ張られて、薄毛になってしまう方もいます。

牽引性脱毛の診断治療は簡単

この脱毛の特徴は、髪型を変えたり、ブラッシングの習慣を変えるだけで改善します。なので、そこまで心配はいりません。

お薬なしで治療できますし、丁寧なヒアリング(問診)をすることで、診断もできてしまいます。

きつすぎないヘッドホンであれば問題ない

一点だけ注意があります。

女性に多いとお話しした牽引性脱毛は、まれにカチューシャが原因で脱毛となることがあります。

非常にきつい、髪の毛を引っ張るようなカチューシャですね。

カチューシャってわかりますか?これです!

髪の毛を引っ張るほど、きついヘッドホンは危ないですので、そんな小さなヘッドホンは買わないでくださいね!

以上です。

いかがでしたでしょうか。

ヘッドホンは薄毛になることを気にせずに選んで大丈夫ということをわかっていただけましたでしょうか。

ヘッドホンをしていて、薄毛が気になるなという方がいらっしゃれば、それはヘッドホン関係なく、薄毛になる習慣・特性であることが言えるかと思います。

薄毛の原因をまとめた記事がありますので、是非参考にしてくださいね。

薄毛の原因は?男性型脱毛症(AGA)でなぜハゲるのかを医師が解説

メールでブログを購読する

当ブログは、無料でメルマガを発行しています。


(よくある質問: メルマガに登録できない

シェアする

フォローする