【発毛通信】vol.3 2020年3月号 続・新型コロナウィルス / 薄毛になりにくいダイエット方法 / 自宅で出来るおすすめの運動


(よくある質問: メルマガに登録できない

□ 【発毛通信】目次 □

//   2020年3月31日発行 第3号

こんにちは、発毛専門医です。先日都内では、もう4月にもかかわらず、朝から雪がまっていました。

そして世間では、新型コロナウイルスの先行きは全く見えない状況です。私から見ても、ただただ状況は悪くなっていると言わざるをえません。

暗い空気となっている僕たちに、追い打ちをかけるように、国民的タレントの志村けんさんもこの新型ウイルスによって命が奪われてしまったニュースが流れてきました。ただただ残念としか言いようがありません。

今年はお花見で盛り上がるということはできません。ただ小池都知事も言うように、桜は来年も咲きます。終わらない困難はありません。

とにかく前を向いて進みましょう!

最後の相談コーナーは、今月はメール相談がなかったため、過去の質問でこたえていない「ダイエット中の食事で薄毛になるか」について紹介します。

それでは今月もよろしくおねがいします!

(メルマガはブログでも公開しますが、相談コーナー以降の閲覧はメルマガ購読者限定とさせていただいてます)

// 1.季節のお話

// 新型コロナウイルス感染者の増え方について

僕はTwitter上で、ジョン・ホプキンス大学が公開している、新型ウイルスの全感染者数を定期的に観測しきました。毎月末の全世界の感染者数が、10倍ずつに増えています。いわゆる典型的な指数関数的な増加です。

1月末の時点で    6,000人

2月末の時点で  80,000人

3月末の時点で800,000人

数字は一人ひとりの人を表しています。これだけの数の人が苦しんでいると考えると、ゾッとしますね(検査を受け確定診断を受けている人だけでも)。

このままいけば、4月末には800万人が感染するでしょう。5月末には8000万人、6月末には8億人、7月末には80億人…。

脅しではなく、指数関数的な増加とは、まさにこのような経過をたどるのです。

よってこの4月は、対コロナ戦において「天下分け目の戦い」となると断言できます。

指数関数的に増加していますが、希望がないわけではありません。なぜなら、きちんと対策ができれば、逆に指数関数的に減少に転じるからです。だからこそ「天下分け目の戦い」なのです。

人類が勝つか、新型ウイルスが勝つか。

ただ何をするかはとても簡単です。基本的に、家にこもってください。飲み会はZOOMでしてください。

今回のメルマガでは、自宅でこもる場合にも役立つトレーニングを紹介していますので、自宅で健康的に過ごすことをおすすめします。

新型コロナウイルス情報は、ブログにリンク先をまとめています。

リンク先は随時更新しております (3月31日記載) こんにちは、発毛専門医です。国内感染者数が、増加の一途をたどっています。更に悲しいことに、タレントの志村けんさんがこの新型ウィルスによ...

// 2. 薄毛のお話

// タンパク質をとると薄毛は治る?

最近はトレーニングブームです。テレビでも筋トレが男女問わず流行ってきています。

そこでどうしても話題になるのが、「タンパク質」です。そうお肉や魚に含まれる栄養成分です。

「沢山タンパク質をとれば、沢山筋肉がつく!」みたいなかんじで、タンパク質を意識した食事をしている人も多いようです。

そこで同じように考えてか、「プロテイン(粉状のタンパク質でシャカシャカ水に溶いて飲むサプリメント)は、薄毛対策になるのか?」という質問です。

答えは、半分ホントで半分ウソです。

嘘の理由としては、たしかに、タンパク質は毛髪の原料となりますが、薄毛の原因がタンパク質不足であることは、極めて稀で他に原因があることがほとんどです。

他に薄毛の原因があるのに、タンパク質をとっても、薄毛はなおりません。

もちろん、タンパク質が極度に不足している栄養失調状態では、薄毛の原因はタンパク質不足かもしれません。ただ今の日本で、薄毛になるほどの栄養状態が悪い人はほとんどいないのが現状です。

若い女性の無理なダイエットで、栄養失調状態となり、薄毛になることもありますが、その場合、薄毛よりも優先する治療があったりするので、ダイエットにかんしても普通のダイエットであれば、そこまで心配いらないかと思います。

後半の相談コーナーでも、ダイエットに関して回答していますので、参考にしてみてください。

髪の毛をヘアブラシでといたとき、何本も髪の毛が抜けたとしても、慌てないでください。ヘアサイクルの記事でも書きましたが、正常な毛根でも脱毛はおきます。 平均的な成人の頭の毛は約100,000〜1...
育毛や発毛に良い食べものに関しては、諸説入り乱れております。 髪の毛を増やす食事はとてもシンプルです。 原料となるタンパク質が最優先 髪の毛の原料はタンパク質です。髪の毛の約80%...

// 3. 自宅でおすすめの運動3つを紹介、スクワットは万能種目

このコーナーでは私の好きなモノをいつも紹介していますが、外出や消費を抑える意味も込めて、今回は「自宅で出来る運動」をご紹介します。

自粛で「外出するな」と言われましても、引きこもってばかりでは、気が病んでしまい、別の病気にかかってしまいます。

そこで、自宅で体をうごかし、誰でもできて、近所迷惑にもならない運動を紹介します。この3つです。

① スクワット

② 腕立て伏せ

③ 腹筋

全て馴染みのある種目かと思います。

この中でも「スクワット」の凄さについて、お話したいと思います。

スクワットでは、お尻(大臀筋)、太ももの前(大腿四頭筋)、太ももの後ろ(ハムストリングス)を鍛えることができます。

大きな筋肉になるため、筋肉量をふやすためには、一番手っ取り早い種目になります。足は第二の心臓ともいわれており、きちんと鍛えてあげることが大切です。

足の筋肉量が増えると、自然と消費するカロリーがふえて、ダイエットにもおすすめです。

自重や椅子を使ったスクワットでは、筋肉量が少ない人でもできるためおすすめです。おもりを持つスクワットは、体に負担をかけるため、高齢者の方にはおすすめできませんが、自重のスクワットは医療リハビリでも活用されています。

普段トレーニングをして、足の筋肉に自身がある人は、回数を増やしてみてください。例えば、200回とか300回とか行うのです。コツはヘトヘトになるまでやります。

おもりを使わないトレーニングでの筋トレについては、「監獄トレーニング」という本がおすすめです。

・自重スクワットのやり方

《ロコモ対策の運動について(日本整形外科学会)》

ロコトレは「片脚立ち」「スクワット」の2種類あります。ロコモONLINEでは、日本整形外科学会専門医が中心となり、ロコモの予防・啓発活動を行っています。健康寿命は、健康な足腰から。今日から「長生きを支える、足腰づくり」、始めましょう。

・自宅での筋トレについて

《プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ》

Amazonでポール・ウエイド, 山田 雅久のプリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

最後になりますが、屋外でのランニングやウォーキングもいいかと思います。健康的な自宅ライフをお過ごしください。

// 4. ご相談コーナー

・薄毛になりにくいダイエット方法について

》匿名希望(女性40歳代)の方からのご相談

「若い頃から繰り返し無理なダイエットをしてきました。食べないダイエットなども経験しています。最近は薄毛でも悩んでおり、美容クリニックに通院しています。今でも冬になると食べすぎて、5kgほど体重が増加し、その5kgをへらすためにダイエットを始める始末です。どういうダイエット法がおすすめでしょうか?薄毛になりにくいダイエット方法を教えて下さい。」

(細かな個人情報が多く含まれていたため、内容を編集しています)

》発毛専門医からのアドバイス

メルマガ購読者限定

メルマガの末尾に記載、もしくは購読完了メールに記載されているパスワードを使って閲覧できます。

メルマガの新規購読(無料)


(よくある質問: メルマガに登録できない

シェアする

フォローする