薄毛と白髪のメカニズム(幹細胞とコラーゲン)

AGAガイドブック

突然ですが、「接合部型表皮水疱症」という病気を聞いたことはありますか。無いかと思います。

「表皮水疱症」は、皮ふが擦れたときに、皮膚に水ぶくれや潰瘍(かいよう)をひきおこすのが特徴の病気です。約10万人にひとりの頻度で、日本には、約500~1000人の患者さんがおられると予想されます。

接合部型は、その中でも表皮水疱症の約1割と言われていますから、極めてまれな疾患です。まれな病気で、ほとんどの人にとって関係ありません。

しかしその病気の原因を知ることで、薄毛や白髪になるメカニズムがわかりますので、ご紹介しますね。

薄毛や白髪になるメカニズム

「接合部型表皮水疱症」の中に、「17型コラーゲン」が足りないことで、頭頂部の脱毛を引き起こします症状が知られています。この「17型コラーゲン」と「育毛」は深い関係がある、と言われています。

「17型コラーゲン」は「毛包幹細胞」を維持する

「17型コラーゲン」は、「毛包幹細胞」を基底膜(毛根の最底面)につなぎとめ、正常に幹細胞として機能させる、大切なサポート役を担っています。

「17型コラーゲン」に異常があると、「毛包幹細胞」は正しく機能しなくなります。

「毛包幹細胞」2つの大切な役割

では、「毛包幹細胞」が機能しなくなると、どうなるのでしょうか?

1.「毛包幹細胞」は毛髪を再生

毛髪は、一定期間成長してから抜けています。抜けた毛根からは、新しい毛髪が再生されます。この流れをヘアサイクルといいます。(ヘアサイクル

新しい毛髪を作っているのが、「毛包幹細胞」です。

2.「毛包幹細胞」は「色素幹細胞」を維持する

「色素幹細胞」とは、一言で言えば髪の毛を黒くする細胞です。「毛包幹細胞」が機能しなくなると、毛が生えなくなるだけでなく、白髪も増えるとされています。

「毛包幹細胞」が機能しないと、白髪・薄毛になる

まとめると、「17型コラーゲン」に異常があると、「毛包幹細胞」が機能しなくなり、白髪や薄毛になるというわけです。

毛包幹細胞の正常な役割

さいごに

接合部型表皮水疱症の原因からひもといて、「17型コラーゲン」「毛包幹細胞」を中心にした育毛と髪が黒くなるメカニズムをお話しました。

「17型コラーゲン」を頭皮に塗れば、発毛促進が実現できるはず、なのですが、「17型コラーゲン」の臨床応用に至っていません。

「17型コラーゲン」の分解をおさえるような物質(薬品)の誕生が今後期待されています。

参考情報

難病情報センター
http://www.nanbyou.or.jp/entry/5338

17型コラーゲンα1 – wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/XVII%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3_%CE%B11

メールでブログを購読する

当ブログは、無料でメルマガを発行しています。


(よくある質問: メルマガに登録できない

シェアする

フォローする