ミノキシジルの歴史、内服するリスクについて

AGAガイドブック

大正製薬から発売されている有名な育毛剤『リアップ』の有効成分が、「ミノキシジル」です。『リアップ』は塗り薬の「ミノキシジル」ですが、最近は内服薬の「ミノキシジル」を処方するクリニックも増えてきました。

内服薬の「ミノキシジル」は安全なのでしょうか?有効なのでしょうか?

育毛剤のミノキシジルが発見された歴史

「ミノキシジル」は、血圧を下げる薬として、1970年代に開発された歴史の古い薬です。ただし、開発当初は育毛効果は期待されていませんでした。

「ミノキシジル」が血圧を下げる理由は、血管を支える筋肉を柔らかくすることで(血管平滑筋の弛緩作用)、血管が緩むことで血圧が低下します。

降圧薬としては他に良い薬があったため、日の目を見ませんでした。ところが、副作用として「体毛が濃くなること」「毛髪が濃くなること」が判明し、薄毛の治療薬として使われるようになりました。

ミノキシジルの効くメカニズム

薬がきくメカニズム(作用機序)は、血管が緩むことで、頭皮の血流が改善し、頭皮の環境が良くなることで、増毛・育毛効果があると言われています。

内服薬のミノキシジルは安全?

日本では内服薬としての「ミノキシジル」は、厚生労働省から認可を受けていません。またガイドラインでも、降圧作用などの副作用があり推奨されていません。

ただ増毛効果があることは確かであり、一部のクリニックでは積極的に活用されています。きちんと管理すれば、良い薬になりえます。

内服の管理をするのは難しい

血圧が下がる副作用を覚悟しながら、「ミノキシジル」を毎日飲んでいる患者さんはたくさんおられます。

しかし、医師としてはとても気を遣います。

本当にミノキシジルの副作用を把握できているのか

血圧低下の副作用が出た時点で、内服の中止をお願いしています。ただ、医療の難しいところは、「患者さんがどこまで本当のことを言ってくれているのか」信頼関係を築けていない段階では、わかりにくいです。

例えば、本当は低血圧の副作用が出ているのに、「特に問題なく飲めています」と患者さんから言われることも実はあります…

そのため私は、「ミノキシジル」を飲んでいる方に対して、血圧の測定や心臓の状態を確認する検査をするようにしています。

検査結果や血圧は嘘をつきませんから!

良い薬を適切に使うって結構難しいんです。

メールでブログを購読する

当ブログは、無料でメルマガを発行しています。


(よくある質問: メルマガに登録できない

シェアする

フォローする