汗が出るのは、ミノキシジルの副作用?内科の病気かも?

AGAガイドブック

こんにちは、暑いですね。

夏場になると、「ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)の副作用として、汗が出るとかありますか?」という質問を患者さんからよくされます。

AGA治療薬の副作用の典型ではない

夏場なので汗を感じやすいのでしょうか、実は発汗の副作用は典型的ではありません。

汗をかく薄毛を引き起こす疾患

運動もしていないのに、どうしても汗が止まらないという人は、汗をかきやすくなる病気で、薄毛になる全身の病気があって、そちらの方が心配ですね。

良くあるのは、「甲状腺機能亢進症(バセドウ病)」です。愛内里菜や絢香が悩まれているという噂の病気です。

「甲状腺機能亢進症」では、甲状腺の機能が強くなりすぎて、薄毛が見られることがあります。

甲状腺は全身の新陳代謝に関わる臓器なので、毛髪のサイクルが乱れて薄毛を引き起こします。

逆に甲状腺の機能が働かなくなっても、毛が抜けてしまいます(実はこちらの方が頻度は多いです)。こちらは「甲状腺機能低下症」といいます。

薄毛で甲状腺機能の異常かな、と思ったら

次のような症状がある人、甲状腺の病気で心配な方は、クリニックを受診してみてください。

ミノキシジルの副作用は、甲状腺異常の時と症状が似ているので、ミノキシジルを処方している先生に相談しましょう。

甲状腺機能亢進(こうしん)症のよくある症状

  • じっとしているのに、汗をかきやすい
  • 食欲が増えた
  • 目が飛び出ている
  • 食べても食べても体重が減る
  • 身体がだるい感じがする
  • 胸がドキドキする(動悸)
  • いつもより疲れやすくなった
  • 精神的に不安が強くなる
  • 手が震える
  • 下痢が続く

甲状腺機能低下症のよくある症状

  • 皮膚がカサカサして乾燥する
  • 首の前側が腫れている
  • 精神的に元気が出ない
  • いつもより疲れやすくなった
  • まぶたむくんでいる
  • 夏なのに寒く感じることが多い
  • 体重が増えた
  • 元気が出なくて、動きがゆっくり
  • とにかく眠たい
  • 記憶力が低下してしまった
  • 便秘が続く
  • 声がかする