ジェネリック医薬品が先発品に比べて安い理由。あなたはジェネリック薬を選びますか?

AGAガイドブック

最近「ジェネリック医薬品」という言葉をよく耳にするようになりました。

「ジェネリック医薬品」は、「正規医薬品(以下、先発品)」と比べてお値段の安いお薬のことです。そう、お金だけをみれば、とってもお得なんです。10倍ぐらいお得です。本当です。

経済的には消費者フレンドリーである一方、品質については様々であるというのが現状です。

では、なぜ「ジェネリック医薬品」は安いのでしょうか?また「先発品」と「ジェネリック医薬品」の共通点は何でしょうか?

ここを理解すると、「ジェネリック薬が自分にあっているか」「先発品が自分にあっているか」が分かります。

様々な呼び方がありますが、この記事では「先発品」「ジェネリック」で概ね統一したいと思います

さまざまな名称
正規品、先発品、正規医薬品、先発医薬品
ジェネリック医薬品、ジェネリック薬、
後発医薬品、GE薬、ゾロ薬

そもそも正規医薬品とは?

医療関係者がいう、先発品のお薬というのは、「その有効成分を開発したメーカーが作ったお薬」のことです。

ジェネリック医薬品と先発品の共通点=主成分が同じ

先発品とジェネリック品の共通点も押さえておきましょう。共通点は、「有効とされる主成分が同じ」ということだけです。これに尽きます。

『ロキソニン』という痛み止め薬を聞いたことがありますか?この『ロキソニン』は第一三共という製薬会社が開発し、販売しており先発品です。

『ロキソニン』の有効成分は「ロキソプロフェンナトリウム」です。ジェネリック医薬品が各メーカーからたくさん出ています。

第一三共以外のメーカーが作る「ロキソプロフェンナトリウム」は、オリジナルのメーカーではないので、すべてジェネリック医薬品になります。

『ロキソニン』という名称がついているもの以外は、すべてジェネリック医薬品です!

お薬の名前主要成分製造会社
ロキソニン錠(先発品)ロキソプロフェンNa第一三共
ロキソプロフェンNa錠(サワイ)
ジェネリック医薬品
ロキソプロフェンNaメディサ新薬

ジェネリック品が安い理由は2つ

さて、ここまでジェネリック医薬品は別名「後発品」ともいわれ、先発品の後に発売されたお薬です。なぜ後から発売される薬はやすいのでしょうか?

理由は大きく分けて2つあります。

1. ジェネリック医薬品には研究開発費がかかっていない

製薬業界では、新しい薬を開発するのに10~20年かかるといわれています。

それに比べると、ジェネリック医薬品は既に他社が開発した、安全性や有効性が確認された成分を使って製剤化を行うため、研究開発期間が数年程度ですみます。

この開発期間の短さがコスト削減となり、お薬が安価に消費者に届けられることになります。

逆に言うと、ジェネリック医薬品の製造メーカーが作った製剤で臨床試験(人を対象にした安全性を確認する試験)は実施されていないことがほとんどです。ジェネリック医薬品では、毒性試験、薬理試験、臨床試験等は義務付けられていません。

2. ジェネリック薬品の製造国での人件費が安い

開発コストも安いのですが、製造コストも安いことが推測されます。

ジェネリック医薬品や海外薬は製造国がフィリピンだったり、インドだったりします。スイス製や日本製のものは、ほとんどありません。

もちろん各国での基準に従って製剤化されていますし、日本国内で正式に販売されているもの(個人輸入した医薬品ではない)は、厚生労働省の許可も得ています。

しかし、どこまで品質が保証されているかは、最終的に消費者である医師や患者が判断することになります。

まとめ

さて、ジェネリック医薬品が安い理由をお伝えしましたが、理解していただけましたでしょうか。

自分でジェネリック医薬品の良い面、悪い面を理解した上で、飲む薬を選択できるといいですね。

(余談)正規の医薬品でも製造国が異なり、品質が違う可能性も

実は先発品でも、製造国が日本だったり、中国やインドだったりすることもあります。

先ほど例にあげた『ロキソニン』だと、

  • 第一三共製薬が日本で作っている『ロキソニン』
  • 第一三共製薬が中国で作っている『ロキソニン』

の両方があります。

メールでブログを購読する

当ブログは、無料でメルマガを発行しています。


(よくある質問: メルマガに登録できない

シェアする

フォローする